« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

070729-蔵王

NOBUさんのコマドリの写真を見て、こんな写真が撮りたい!と思っていましたがなかなか天気が悪かったり、都合がつかなかったりで蔵王にいけませんでした。もう時期を逃したなーと思いつつもついに行ってきました。でも結果は丸坊主!朝4時に家を出て5時半には速聖山平へ到着。でもコマドリもルリビタキも声がしない、ホシガラスも遠くで声が聞こえるだけ。しばらく待ってもぜんぜん駄目、せっかく早起きしたのになんで?しばらくすると遠くでかすかにコマドリの声が聞こえましたがついに断念。時間は7時を廻っていました。そこで気を取り直して頂上でカヤクグリ、イワヒバリを見ることにしました。途中大黒平付近でアマツバメが群をなしてました。頂上にむかうとすぐにすごい霧が出てきて行く手を阻み始めました。もう5m先が見えない状態に、鳥どころか命が危ないと思い引き返すことにしました。ところが帰りは澄川スキー場あたりもすごい霧です。内心まずい!と思いながら視界ほとんどゼロの中を命からがら下りてきました。今日はいったいなんだったんだ~!と叫びながら一日眠気と戦いながらすごしました。せっかくですからNOBUさんのブログでコマドリを堪能してください。→                               

http://kimagure-bird.blog.ocn.ne.jp/nobuse/2007/07/0778_b145.html           

実は最近鳥の写真を撮っていません。さびしいのでブログ内の2007年とりというフォトアルバムを整理しましたので皆様見に行ってくださいな。2007年とり前半というアルバムから070321renjyaku_011_1お気に入りのヒ&キレンジャクツーショットです。ほんとはここにオレンジのかわいい子を載せるはずでした・・

| | コメント (3)

2007年7月23日 (月)

070721-野球三昧2オールスター

今週は二回目のフルスタ。それもオールスターです。実は私オールスターはライファーでした。球場前も独特の雰囲気で盛りあがっている。なかに入ると超満員。開会式も独特。日ハムの森本選手のムエタイ姿。パフォーマンス男の登場だ!Photo_19 先発選手の最後に登場はわがイーグルスの田中マー君。高校卒ルーキーとしてはあの松坂以来の先発。がんばれよ!と応援。試合はマー君が1回をびしっと抑えて上場の立ち上がり。おまけにまたまた山崎選手が打ってくれました。Photo_20 パリーグリード。マー君守れるか?2回になると雨が強くふってきた。天気予報より30分早い。雨が降ってきたらマー君急に打たれだした。ポカスカ打たれて失点6。マー君もう代えた方がいいんじゃない。結局マー君は2回終了まで投げた度敗戦投手になった。失点6で負け投手はこれまた松坂以来とのこと大投手の予感がします。それではマー君のピッチングフォームです。Photo_22  Photo_23

Photo_25 

今回の写真写真は三脚なしのモバスコですPhoto_26

| | コメント (0)

070718-野球三昧(番外)

2週続けて週末の天気はいまいち。しかも鳥見はどちらかというと年に一度のオフという感じ、なんか欲求不満ですが、皆様どうおすごしでしょうか?野鳥がだめならもうひとつの鳥見。イーグルスといきますか。早速7月18日西武戦に行ってきました。まずは試合前に球場前で主砲山崎と礒部のトークショー。今日は二人が契約しているミズノがスポンサーということでこんなイベントが実現しました。07718 なかなか面白かった。次はマスコットのイヌワシクラッチ君の踊りです。070718_1 先発は楽天は新外人バスたいする西武は苦手の涌井 。やな感じです。始まってみるとバスもなかなか好投。でも5回につかまった。スタミナに課題ありです。涌井はミスター完投といわれるだけあってずーと好投。でもホームラン王山崎がやってくれました。同点ホームラン!Photo_9 Photo_10 でも後のピッチャーが続かない。Photo_18  結局最後福盛をはじめリリーフ陣が総崩れで敗戦。福盛はだめだな。バスあたりストッパーに使ったらいいんじゃないの。もう福盛は見てられない。でも、

久々に息子といったナイター負けたけどなかなか楽しかったね。

Dsc04715

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

070714-ワモンアザラシあぶちゃん(番外)

天気も今ひとつだし鳥見という気分でもないので東北放送-朝の番組ウオッチン宮城で紹介され話題になっている阿武隈川河口に出現したワモンアザラシのあぶちゃんを見てきた。岩沼側という以外場所がいまいちわからなかったがたぶん土曜日だし人がいっぱいたかっているだろうと思って出かけた。現地に行ってみると釣り人がまばらにいるだけ、すれ違った人に聞いても存在すら知らない様子。東京だったら今070714頃すごい人だろと思い双眼鏡で探したらすぐに見つかった。ある釣りのおじさんから5mくらいしか離れていないところにゴロッと寝転がっていた。 釣り人も気にしていないし、あぶちゃんもまったく意識なしの様子。近づいてみてもぜんぜん平気。宮城県の人は危害を加えないとこの数日で学んだのか?それともかごぬけか?私も近すぎてデジスコに収まらないのでアップ狙いに切り替えたPhoto_15 。そのうち潮が満ちてきて寝てられなくなったのか水に入って位置を変えた。水にぬれると名まえのとおりワモンが現われた。そのうち親子連れや若者がぱらぱらやってきたのでテトラの向こう側に行ったがまたのんきに寝ていた。いつまでいるのかな?梅雨が明けて暑くなったら仙台でも暑いだろうな?早く北にお帰り~!0707144 Photo_16 PS:鳥はササゴイ、イソシギ、ウミネコ、コヨシキリ、オオヨシキリが出現しました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

07628-ソリハシセイタカシギ

6月24日にはじめてykさんより教えていただいたアボセットですが長逗留となりつい先日まで(7日?)までいらしたようです。ykさんはブログ掲載を許可してくださいましたが場所が場所だけにいなくなるまで控えていました。私は3回行きましたがいずれも曇り空で眼がはっきりした写真がなく残念でした。070624avocet1 それでもわたしにとってライファーでしたので非常にうれしい出会いでした。香港までいかなくてもすみました。ykさんに感謝です。どきどき感は初めてアカショウビンに会ったときに以来でした。変な表現ですがくちばしが図鑑でみるのと同じ反り返りになっていたので関心しました。070624avoxet2 全体像も素敵ですがアップの写真が好きです。070628avocet_7 このくちばしでえさをとるしぐさヘラサギを思わせました。しぐさやきれいな写真はyamameさんのブログを参照してください 070628avocet_9http://birder-yamame.air-nifty.com/bird/非常に詳しく載ってます。帰りに見つけたウズラシギ夏羽もなかなかでした。070624

| | コメント (2)

2007年7月 6日 (金)

070704-上海

仕事で4日間中国上海に行ってきました。超ハードスケジュールだけど鳥見る時間ないかなと一応簡易デジスコのモバスコもって行きました。上海に着くとむっとする空気。気温35℃はあるかもしてない。湿気もすごい。こちらも梅雨まっさかり小雨も時折降る天気。市内は摩天楼がいっぱい。20年ぶりに訪れた私にとってあまりの変わりぶりにびっくり、そして大都会のひとの多さにもびっくり。ちなみに上海市だけ1200万人の人口(仙台の10倍)+外国人と出稼ぎ労働者が700万人。合計1900万人がここにいるとのことでびっくり。すごい町だ。暑さとひとの多さに当てられそうでした。まずは摩天楼の夜景をどうぞ!Dsc04432 なんか鳥いないかな?とさがす時間がなく。ちょっとつまらなかったがそこら中にいる鳥でも日本では見られないレアなとりがでないかなと希望を持っていました。いましたよ。シロガシラ。英名chainese bulbul早い話中国のヒヨドリです。Dsc04495 日本のヒヨドリと比べてこの鳥大変よい声で鳴いてます。ひよとは大分ちがうね。シラガシラのほかはスズメばっかり。公園言ったらオナガがむれで飛んでました。高速道路からカササギを見かけました。。早朝の公園にでかけると太極拳をやっている人に混じって。ガビチョウの鳴き声があちこちから聞こえます、おじさんたちが自慢げに自分の鳥の囀りを競い合っているようです。Photo_7 Photo_8 確かによい声です。鳥見の時間は余りありませんでしたがので鳥見はこれだけです。できればコウライウグイスとかオウチュウなんかに会いたかったです。一説によると街中に鳥がすくないのはみんな食われてるのではなんてことをいうひともいますけど・・・

鳥見の時間はありませんが観光に付き合って上海博物館に行ってきました。絵や陶器の展示コーナーに鳥に関連するものが多数ありましたので一部紹介します。明代と清代につくられたものです。 絵はカリガネとアカツクシガモ、コクマルガラス。皿のなかに何種えがかれているでしょうか?ポップアップして良くみてください Photo_12 。このほかにもオシドリ、キンケイ、シロカシラちなみにこれら盗撮ではありません。すべて撮影OKです。

Photo_9Photo_10

Photo_13

| | コメント (5)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »