« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月18日 (日)

071118-村田&朝日山

なんか久々に鳥見にでかけてたような気がする。今日も11時には帰ってこなくてならないので時間が無いけどまずはルリビタキが見たくて村田ダムへ行ってみた。まぐぴさんが仙台市内で見たとのことなのでもう来ているだろうと期待を膨らまして出かけた。到着して少し歩くとヒッヒッ!という声がする、オレンジか青かと探してみるとなんとルリビタキとジョウビタキが並んで止まっている、あわててカメラを構えたが2羽は争っているようで動きが早い!双眼鏡でもなかなか追えないのでデジスコではとても難しい。いるのはわかっていても撮った写真はこれだけ→071118_001 とてもみるに耐えない枝かぶり1枚だけ。デジスコの限界を感じました。でもポイントもわかったし、必ずリベンジしてやるぞ!その後午後から息子と一緒に朝日山公園へいってみた。例によってここの主シナガチョウの大きな声が出迎えてくれた。色はまったくサカツラガンとおんなじ。額にこぶがあって太っている。声はシーソーのような声だ。071118_003_2 今年の春蕪栗沼で見たサカツラガンと比較してみよう。07503_062
ハクチョウも7羽いる。すべて1年中いるみたいだ。コハクチョウ2羽、オオハクチョウ1羽、コブハクチョウ4羽だコブハクチョウは朝日山に着いたら、さっきまで天気よかったの風が吹き雨が降ってきた。コブハクチョウは飼われているようだがなんと幼鳥が2羽混じっている。聞けば今年生まれたとのこと。なんと繁殖していた。びっくり!お目当てのオシドリは見つからず、雨をふってきたし木枯らしが寒いので引き上げることにした。071118_006
ところでおととい山形支部の梁川さんから自作の図鑑を送ってもらった。自作の図鑑とは凄いなあと感心しながら中身を見ると日本的な種類を中心に初心者向けの内容だが山形の鳥情報満載だ。添付のページにはアカショウビンやイヌワシなども載っている。山形でとりを見る方は必携です。もし興味のある方は下記URLからもうしこんでください。071118_018

http://www.geocities.jp/toriminin87/zukan100.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

071112-ボージョレヌーボー&上海蟹(番外)

今週は鳥見ができませんでした。時間無かったわけではなく雨のおかげです、止んだときは忙しくて鳥見は断念しました。そこでなにも書かないのも芸が無いのでもうすぐ解禁が近づくボージョレヌーボーのお話です。000010900402000_2

このワインの解禁日は11月15日(木)です。世界中で11月の第三木曜が解禁と決められています。日本は日付変更線の関係で世界で一番早く解禁になる国のひとつです。フランスより早いのです。そのせいか日本ではこの日は結構盛り上がります。ただの若い新酒なのにねーと馬鹿にしている人も結構います。味はさわやかでフルーティーです。もちろん年によってうまいまずいがあります。そしてボージョレヌーボーは赤ワインしかありません。と薀蓄をかたってきましたが私はこの季節になると私のふるさと横浜の中華街を思い出します。この季節はワインの新酒のほかに上海蟹の季節なんです。中華街 の源豊行という乾物惣菜屋に行くと活きた上海蟹を売ってます。そこで蟹を買い、元町のユニオンでワインを買ってきます。家で蟹を蒸してワインをいただくのが昔は定番でした。ワインと蟹は以外と合います。Present_img
上海蟹は10月末から11月が旬です。蒸してたべるのが一般的ですが、中華街で上海料理の店にいくとある酔っ払い蟹は生きたまま蟹を紹興酒につけて酔っ払わせて1週間位つけたものです。色は生の緑色ですがなんともいえない味と香りがよく蟹ミソが絶品です。これはワインには合いませんがおすすめです。仙台でこれ食べさせるところないかなー。
ところで今週の木曜日私は仙台在住の母校OB会主催のボージョレヌーボーを飲む会に参加してきます。今年の味はどうだったかまたご報告します。    
 宣伝です→このブログ゙の右側にワインマーケット PIRTYというバナーがありますがこのバナーはワイン専門のインターネットショップです。もしよかったらこれをクリックしてボージョレを予約して下さいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

071104-青葉山探鳥会

不調が続いたときは原点に戻ろうということで青葉山の探鳥会に久々に参加した。冬鳥に姿はまばらだが以前からお会いしたかったまぐぴさんに初めてお会いしたのは大収穫。今後ともよろしく御願いします。ジョウビタキはちょろちょろも見かけたがここの主といえばいつもところにハヤブサがいましたいました。071103_025 150mも先の上の木の枝に止まっていました。例の岸壁の穴にも1羽いました。彼らはつがいでしょうか?今日もろくな写真が撮れ無くて、ジョウビタキやモズは逆光で真っ黒でした。いい写真が無いとブログ更新も非常に億劫になります。文章も超いい加減ですいません。テニスコートの横の水路にいたセグロセキレイがおまけです。071103_010 野鳥の会カレンダーもゲットしたのでまずまずでした。

夕方、大沼、赤沼に出かけた。大沼は特筆できる鳥はなし。赤沼に行くとYさんにばったり、Yさんがみていたのはアオアシギとツルシギオオハシシギの小軍で、まだいるんだという感じだ。
yさん曰くこの2種は長逗留だそうですけど。071103_030 

071103_044今週はこの辺で眠いので失礼します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »