« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

081025-伊保石公園

仲卸市場で牡蠣でも買おうと塩釜に行った。塩釜といえばそろそろ冬鳥はどうかなとばかり伊保石公園に寄ってみた。あんまり期待はしていなかったがあのアップダウンはいい運動になるだろうと思って上のダムと下のダムを中心に見て回った。カラ類がちょこまか動くのが見えるエナガ、シジュウカラ、ヤマガラが見える。冬のカラ類混合のむれだ。でも冬鳥は見えない。上のダムではカケスの声が聞こえる。カケスの飛ぶ姿もちらちら見える。いずれも写真は撮れない。下のダムの脇を上っていくとカシラダカを見つけた。冬鳥だ!081026_003b その後ヒッヒッという声の聞こえる方に向かうといたジョウビタキだ。逆光でよく見えないが背中に紋付が見える。その向こうに海の見える写真だ。結局それだけの鳥見だったが、よく私のブログにコメントをくれるマイトさんに出会った。顔は知らなかったがお話をしているうちにもしかしたと聞いてみたら当たりだった。今後ともよろしくお願いします。鳥の世界は狭いな~!081026_009b

帰りに市場によって買い求めた牡蠣はその夜バーベキューで軽く焼いて、もちろん生で食べた。絶品だった。うまい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

081019-米沢with高橋千恵美さん!(番外編)

081019_019 今週はお仕事で米沢へ。年に一度の米沢おしょうしなマラソンのお手伝いです。この仕事はけっこう楽しい。昨年もご一緒した高橋千恵美さんが今年もゲストランナーなのです。シドニーオリンピック1万m日本代表の名ランナーです。実績はもちろんのだが、彼女の性格のよさはぴか一、しかもかわいいときた。081019_035 081019_042 子供たちにも大人気でほんとに素敵な女性だ。米沢牛がたっぷりはいった山形ならではのしょうゆ味の芋煮を前ににっこりしてました。(私もいただきましたがうまい!)
マラソンの後はやはり米沢にきたら必ず寄る上杉神社におまいり。ちょうどNHKが来年の大河ドラマ「天地人」を意識した番組をBS2で生中継中。目の前での火縄銃実演のすさまじい音にびっくりでした。081019_055 番組のゲストのデブタレント松村邦洋さんと元モー娘吉沢ひとみさんも目の前いました。081019_069 今年の米沢はこの天地人一色で、いたるところに主役の上杉家家老直江兼続のかぶとについている愛の字が入ったのぼり旗が目に付きます。NHKのカメラマンも愛の入ったTシャツを着てました。マラソンに参加賞のTシャツにも愛が入っています。観光客も例年より多い様です。081019_047 謙信公や鷹山公に081019_049よいことがありますようにとお願いして米沢を後にしました。 天気もいいし、食べ物もうまいし、美人も一緒だし。結構な休日出勤でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

081012-飛島&伊豆沼、蕪栗沼

今度の休みは飛島だ~と楽しみにしていたが・・最悪の結果となった。朝起きしてやっとついた酒田で飛島航路の窓口で今日はいいけど明日は1mから3mの波の予報が出ていて欠航の可能性が高いと言われた。一泊二日の予定だったが、まあ1日くらい遅れてもいいか思ったら。翌々日は間違いなく欠航の予定とのこと。それでも渡りますか?といわれた。1日ならともかく2日遅れるとなるとことは深刻だ。家族に言い訳が立たない。どうしようか?考えた挙句結論は日帰り!11時に飛島について出港は13時半。鳥見にかけられる時間は正味2時間。極度に船のゆれに弱い私にとって、気持ち悪いおもいをしてろくな鳥が見られないのではショックが大きい.しかし、ここまできたからにはとりあえず渡ってみることにした。船では5月にもお会いしたNさんと再会。Nさんは3泊の予定なので問題ないとのこと。うらやましい!まずは岸壁にシギを発見とおいがソリハシシギのようだ。081011_008_2 出だしはまずまず。外海に出ると波はないのにうねりがあるようで揺れる。甲板に出ていたがたちまち気持ち悪くなってきた。そこからは船室で飛島までうなっていたので何も見れなかった。がっかりしてる暇もなく飛島では観光自転車を借りて出発!秋は校庭とヘリポートという情報を得ていたので校庭に一目散だった。途中石碑のところでシロハラホウジロを見かけたが写真は撮れず。校庭に着くと4名の鳥見グループとお会いし、情報を聞いた。数日天気が良すぎてめぼしい鳥は皆無とのこと。ホウジロが数羽いただけだった。くそーと叫びながらヘリポートへ行ってみると、電線に何か止まっている。コホウアカか?思って写真を撮ったがどうやらカシラダカのようだ。 船で少し吐いた上、自転車をこいだので腹が減ってきた。ここで昼食をとりながら待つことにした。すると赤いモズが電線に止まった。アカモズ?と期待したがただのモズ♀だった。081011_016_2 結局そのほかはメジロ081011_010_2、ウグイスハシブトガラス、 ヒヨドリの超普通種ばかり、取った写真はこれだけで時間切れとなった。何のために飛島まで行ったのかわからなかった。帰りが行きより海が穏やかでまったく酔わなかったのが救いだった。PS:翌日鳥友Sさんが飛島に向かったがなんと船は出港したとのこと、ただし、すぐに酒田にもどるトンボ帰りで翌日は欠航が決まったとのこと。とりあえず泊まっても帰れたわけで一泊出来たわけだ。ちくしょう!と悔やんだがこれも結果論だ。(低気圧が来ているようなので鳥もイワミセキレイほかいろいろでているとのこと)く・や・し・い!!!
翌日はもともと鳥見の予定だったので、ハクガン、サカツラガンのうわさがある伊豆沼に出かけた。行ってみるとまだガンは少ない上、稲刈りが終わっていない田も多い。平日にハクガンやサカツラのうわさのあった地区も休日ということでコンバインが多数入っている。上空を待っているガンが降りてこない。結局少数のマガンにしか合えなかった。081011_028 鳥運のなさにため息が出る。
せっかくここまできたので蕪島にもよってみた。白鳥地区にはカモがいっぱい。ほとんどがオナガガモだがコガモ、マガモ、オカヨシガモも混じっている。秋本番を感じさせた。沼本体にはダイサギ、アオサギのほかアオアシシギとツルシギがいた。081011_039 途中出会081011_030_2  ったクサシギ、ヒバリをついでに貼っておく。081011_033

飛島、伊豆沼と日本中からBWが集まるような探鳥地にいっておきながらこの収穫のなさは天に見放されと思いたくなるような休日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »