« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

081122-伊豆沼!

性懲りも無く今週も伊豆沼に出かけた。うわさのシジュウカラガンの群れに会いに行った。2工区の空にものすごい数のマガンの群れが見えた。下りるのを待って近づいていった。群れを端から丹念に見ていった、まず目についたのはアイリングのある1羽。カリガネかと思ったがくちばしが長く体も大きいのでたぶんマガンだろう→081122_009 それにしてもよく似ている。まさにカリガネもどきだ
引き続き見ていくとシジュウカラガンを見つけた首輪が無いので亜種ヒメシジュウカラガンだろう。081122_021 オオハクチョウも混じってにぎやかな                                  群れだ。うわさのシジュウカラガンのむれは見当たらない。

どこにいったんだろう。3工区に移ると巨匠Iさんにあった。
先週に続いてのご対面だ。カリガネがいるらしい。
しかし、お昼寝モードの入ってしまい。どこにいる
わからない081122_015 そのとき新たに入ってきた車に反応
したのか一斉に首を上げた、見つけた!カリガネだ!でもその瞬間飛んでしまった。顔は見たが写真はだめだった。残念!!今日はこれでおしまい。後ハクガンに会えればと思ったが合えなかった。また次回に期待しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

081115-村田!

紅葉をバックにルリビタキの写真を撮りたいと村田ダムへ出かけた。紅葉は期待通りだった。ここの紅葉は赤が多く非常に美しい!黄色もオレンジも見事だ。081109_001_2 081109_003 ルリビタキはあちこちで声が聞こえる。何とか見つけたいと目を凝らして探したが見つからない。そのうち声も消えてしまった。しばらく鳥を見つけよう歩いていたら赤い子が出てきてくれた。今年最初のベニマシコの写真だ。紅葉はバックにならなかったが秋の装飾の紫の実(ムラサキシキブ)をついばんでいるシーンも。なかなかだ。081109_030 081109_039 081109_046 普通種だが私の好きな鳥のひとつだ。その他セグロセキレイ、エナガなど出てきてくれた。セグロセキレイの写真だ。081109_017 最後までルリビタキは出てこなかったがまずまずの鳥見だった。

PS、16日は雨の中、伊豆沼に出かけた・レアガンの便りが次次くるのでいてもたってもいられず。時間限定で朝早くでかけた、到着してみて愕然とした。レアガンどころか先々週ウンカのごとくと表現したマガンがまったく見られない。うろうろしていたら巨匠Iさんに会った。昨日も午前中はこんな感じで午後から戻ってきたとのこと。今、蕪栗に行けばいるのではと。私は時間が無いので蕪栗に直行した。ところが蕪栗にもガンはいないいったいどうなってるんだ?やっとの思いで、いつもは見に行かない南側のはずれに群れをみつけた。先客がいたので聞いてみたらシジュウカラガンが3羽いるとのことスコープで見たがすぐに見失ってしまった。雨混じりの上にモヤがかかっている。ちょっと遠いと写真は×だ。だめだとあきらめて帰ろうとおもったらへんなガンを見つけた。アオハクガンの反対の色。首から上はマガンで胴体が白い。Iさんいわく白化固体でドバトみたいとのことだ。遠い写真をトリミングしたので変な写真になってしまった。081116_002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

081101-伊豆沼&青葉山

6種のガンが見られるという情報を得て伊豆沼に出かけた。まず手始めに3工区に着いた。目の前に仙台の巨匠Yさん発見。状況を聞くがマガンの群れは3箇所に分かれて見られるがレアガンは見当たらない。あきらめて2工区に向かった。その前にマガン以外で見つけたノスリ だ→0811012_002_2 0811012_004 タヒバリだ。そして2工区はマガンがいっぱい何羽いるのか見当がつかない。まさにウンカのごとくだ。 0811012_017_2マガンの群れを見つけるとくまなくチェック。カリガネもどきのマガンもチェック、カリガネじゃないの?081101_008_2
ひとつ群れの中をくまなく探していたら、サカツラガンを見つけた。081101_013 Yさんに早速連絡した。そのうち神奈川のIGさんもRさんも後ろに来ていた。081101_025_2 一昨年の春にあったことがあるが大変珍しい鳥だ。帰り際に3工区によってみたらまたまたサカツラガンが一羽いる。さっきのトあわせて二羽いるのかと思いIGさんに電話したら
さっきまで見ていたのがそっち飛んでいったとのこと。なんださっきと同じ固体だった。081101_037 ヒシクイ数羽と行動をともにしているようだ。081101_039 結局、この日見られたのは3種だけで後ろ髪を引かれる思いで帰路に着いた。仙台についてからハクガンが来たとIGさんから情報をいただいた。IGさんはひきが強い。それに比べて私は眼力と鳥運がない。結局IGさんは6種見たらしい。さすがだ!
翌日の朝は野鳥の会主催の青葉山探鳥会に久々に参加した。自転車で行った。15kmくらいを朝から走って気持ちいい。今月から7時集合なので参加しやすい。6時はしきいが高すぎる。この日、冬鳥の代表格ジョウビタキが主役だった。081102_030 あちらこちらでヒッヒッ鳴いている。きれいなオレンジ色だ。そのほか気に入ったのはオシドリ、定番のハヤブサも見つけた。やはりここは鳥見の原点だ。あっと言う間に9時になって楽しいひと時は終わった。081102_033 081102_045 081102_050

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »