« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月17日 (日)

100116-タンチョウ!

宮城県にタンチョウ現る!の1報を聞き早速行ってみた。松は取れたとはいえまだまだ正月だ、実にめでたい。秋田、山形庄内では以前からタンチョウの情報があったが昨今の日本海側大荒れの天候でこちらに避難してきたのかもしれない。実は野生のタンチョウは初めての出会いだ。ライファー273種目だ!強風の中発見したタンチョウは水路の中に入っていて大型の鳥でありながらわかりにくい。1001162_003 車の中からみていたが遠いので徒歩で近づいていったら少し遠ざかる。以前あったソデグロツルと比較すると100116_032かなりイメージが違う ・たんぼに出てきて翼を広げ始めた。
かなり警戒心が強そうだ。 50mはあるというのについに飛び上がった。でかいなー!でもまいったなあ ~、いなくなったらどうしようと思ったら隣のたんぼに降りてくれた。100116_055 100116_050 良かった。今度は車で近づきやすいところだ。車からは一切出ずに観察した。1001162_015 1001162_017 隣にヒシクイの群れがいた。地元の地方紙にも出たらしく、家族つれも見に来ていた。 これは又飛ぶかもしれない・・・

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村⇒気に入ったらくりっくしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

100101-明けましておめでとうございます!

昨年中は皆様大変お世話になりました。本年もよろしくお願いします。
私は今年も生活に中心を鳥見にセットできるように願いながら。新年を迎えました。
昨年の大晦日にライファーを加えられてなにかと新しい年に期待が膨らんでいます・
そのライファーとはサンカノゴイであります。(272種目)たまたまルリビタキを見つけにいったポイント近くにいるという情報をいただきました。早速いっていて葦原沿いを歩いてみると10mくらいの手前から大きめのサギが飛びました。このときは双眼鏡で追ってしまい写真は撮れませんでした。黄色の足と太ったからだがサンカノゴイと確信させました。しまった飛ばしてしまったか?対岸に下りたのでずっとそこを見張ること1時間。あきらめてかえろうと池の奥の水路脇を歩いていると今度は5m位先からサンカノゴイが再び飛びました。今度はあわててシャッターを押しました。ピンボケですが少し満足しました。この鳥ははっきりいって飛んでくれなければ見つかりません!とまっている姿が見たいものです。
091231_022                            091231_025 091231_026 091231_009 ところでここにはカモ類も多く、マガモ、オナガガモのほか、ミコアイサ、カワアイサ、キンクロハジロ、オカヨシなどが見られました。そのほかチュウヒ、ミサゴの猛禽類も見られて結構楽しい場所です。チュウヒの写真貼っておきます。ところで本命のルリビタキは空振りでした。代わりにジョウビタキです。091231_017_2

今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村⇒クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »