« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月24日 (土)

140518-シベリアオオハシシギ

この日は朝から仙台市郊外の山にコルリを見に行った。毎年この時期の恒例鳥見でさえずりは聞えるがまともな写真を撮ったことがないコルリを何とかゲットしようと通っている。今年もやっぱり写真は難しくてこんなのしか撮れなかった。Img_0204_2Img_0212_2


5月末になると声だけで木には上がらなくなるので今年もこれでおしまいだ。

ところでこの日は夜中から鳥の海に現れたシベリアオオハシシギの情報が入っていたが、昼近くなってもいるとの情報が新たにあったのでコルリあきらめのあとに行ってみた。図鑑で確認した美しい♂の夏羽のようだ。Dscn1283_2


Dscn1267_2


Dscn1266_2ちょっと距離があったのではっきりわかりにくいかもしれないのはご容赦ください。実はこの鳥もライファー302種目!情報くれたHさん現場で一緒に探してくれたUさんありがとうございました。飛島が不調だった分宮城で結構稼いでる。最近怪我以来少し退潮気味だった鳥見に気合が入ってきた!

PS:5/24にも山にコルリに再挑戦したが、5/18よりさらに声はすれども姿は見えず状態になっており、厳しい状況で写真はxだった。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

140510-飛島Ⅱ

今回は沢口旅館にお世話になったがここのいいところは食事時などに初めてあった人とすぐに知り合いになりいろいろな情報を交換できること。この日も朝食時私の正面に座ったⅯさんという女性が「さっき、コウライウグイスが2の畑に出て海の方に飛んでいった」と貴重な情報。そして右となりの女性からも法木の畑でみたとの情報もいただいた。前日欠航でこれなかったYさんからコウライウグイスなら法木ときいていたのでまずは法木の畑に向かってみた。残念ながらコウライウグイスは見られなかったがサンショウクイの群れにであった。145101_2145102_2


キマユムシクイも混じっていたようだ。しばらく眺めていたら今朝のⅯ女史からメールがきた。

校庭にオジロビタキが雌雄でいるとの情報。♀は見たことがあるが♂は初めてなので2の畑はあとにして校庭に直行した。オジロビタキのほかにエゾビタキも出た。まずはオジロビタキ♂14510_6


145102_314510_7♀もいます。これと紛らわしいのがエゾビタキ14510_8


145102_4


そうしていたら一緒にいた東京のⅯ氏がカラアカハラを発見15秒ほどで引っ込んだためちらっとみただけで写真は撮れず。こいつもライファーだけど記念すべき300種目をチラ見で記録するのは悔しいので予備ということにした。しばらく再登場を待ったが結局出ず。コウライウグイスを探しに2の畑に移動した。ところが9時に出たきり出ていないとのこと。残念ながら今回はうわさで終わってしまった。そこへ先ほどM氏がやってきて手招きする。ついて行ってみるとなんとカラフトムジセッカだった。ありがとうⅯさん。これこそ正真正銘300種目のライファーです。

14510_9145102_6


予備のカラアカハラも入れて301種です。今回はライファーなしかと焦っていたが2種確認できてよかったです。最後に欠航で遅れてきたYさんに教えてもらったヨタカです。背中だけですけど一応写真とりました。14510_10今回もいろいろな方に助けていただいて楽しい飛島となりました。皆様どうもありがとうございました。

PS:ライファーのことですが私やっと300種を超えた未熟もので、先輩諸氏が当然見たことあるのに縁がない鳥が数種います。これらが現れた時はぜひ普通種と思わず教えてください。。まだ見たことない鳥の代表は①フクロウ②コノハズク③ツツドリ④ジュウイチ(①~④までは声は何度も聞いてますが姿が・・・)⑤イワヒバリ⑥アオバト⑦ツミ⑧イスカなどです。よろしくお願いします

続きを読む "140510-飛島Ⅱ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

120508、9-飛島1

大怪我で繰り返し入院していたせいもあって3年ぶりの飛島。今年は5月連休明けを狙って5/8~10の3日間行ってきました。最大の狙いのコウライウグイスが連休中に出て抜けていったとの連絡をうけていたのでがっかりする反面、また来るだろうと期待に胸を膨らませ船に乗り込みました。例によって海には多少うねりがあり気分が悪いので海鳥はあきらめ船室で寝ていました。噂では連日天気が良く鳥は少ないと話は聞いてましたがこれほどとは思いませんした。校庭でキマユホウジロ。コホオアカ。ゴドイモ畑でキマユホウジロとシロハラホウジロ♀、ヘリポでジュウイチ。これがすべての情報でした。これは自分で探すしかないやと歩きまくりましたがキビタキとオオルリはいっぱいいましたが大した収穫なし。ジュウイチは目の前の木で鳴いていましたが目力なく発見できず。(ライファーなのに!(≧∇≦))それでは順番にキマユホウジロ、シロハ

ラホウジロです。14510140510

おまけにいっぱいいたシベリアアオジ(アオジ亜種)14510_2

2日目9日は天気がわるく船は欠航で鳥友のSさん、Yさんは来られず。でも以前飛島でよくお会いして仲良くなった東京のⅯ氏と情報交換しました。ふったりやんだりの雨の中、四谷ダムでマミジロキビタキの情報をもらい早速行ってみたらいたことはいたけどすごく遠く(200m以上?)でフライングキャッチを繰り返していた。これは証拠写真です。14510_3


145102あさイチの校庭に出たアカモズ亜種シマアカモズと思われる個体も貼っておきます。14510_11


145102_5

このあと鳥が集まっているという鼻戸崎にいってみた。キマユムシクイとムギマキ若の群れにあった。14510_4

14510_5

ところで今回はあんまりいい写真ありませんけど近いところはキャノンの40Ðに100-400㎜のズームで従来通り撮ってますが遠いところはネオ一眼と呼ばれるニコンP510(光学42倍1000㎜相当)で撮ってます。手を怪我してからスコープを持って歩けません。大砲の℉4-5も憧れましたけどこの手ではちょっと厳しいので軽くてけっこう使えるP500(軽い三脚つけます)を重宝してます。2000㎜相当のP700発売の噂もあり楽しみです。

2日間いてライファーなし。ちょっとあせりが出てきたころです。天気が荒れたので3日目に期待。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

140506-キガシラセキレイ!

ご無沙汰してます。正月以来あまり鳥にも恵まれずブログサボってましたが、やっとその気にさせる鳥さんが出てくれました。実は私東北限定のライファーが297をカウントしてまして300まであと3つに迫っておりました。東北限定したのはしたくてしたのではなくて他の場所であまり鳥見をやっておらずライファーを見つけていない不幸からくる理由です。ところでそんな私も作年末は地元にいながらアカガシラサギ、クロツラヘラサギと皆様のおかげをもちまして連発させていただき297まで持っていくことができました。年を明けてからオオマシコも見せずなんとライファーのイスカの噂も気が付くのが遅くみられず今一つだったのですが春になって4/6幸運に恵まれ亘理でダイシャクシギに会えました。ホウロクは何度も会ってますがダイシャクは初めてでした。そして立て続けにDscn0893_2


Dscn0917_2幸運が5/6同じ亘理でなんとキガシラセキレイの情報が!数年前に飛島で噂だけで終わり悔しい思いをした鳥です。行ってみるときれいな黄色のかわいい頭がチラ見できました。しばらくでなかったのですが待ったかいあり今度はばっちりブログの表紙にさせていただきました。299種目のライファーです。140506_038_2140506_050_2_2


実はこの後5/8~5/10の3日間で飛島に行く予定一気に300超えだ!と出かけました。

次は飛島編です。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »